わきが手術を受けて良かった!

社会人になって、わきがの手術を決意

中にはわきがでも別に気にしないよと言ってくれた心優しい友達もいましたが、申し訳ないですが、自分の方からお付き合いを遠慮させて頂きたかったのです。
人から内心臭い人だと思われながら、表面上だけ仲良く過ごすのは、何よりも屈辱的だったからです。
そんな私に一筋の希望の光が差し込んできたのは、社会人になってからわきが手術ができる病院があると知った時からです。
ただし手術をする場合、何日かは固定したり、お風呂に入れなかったりしますので、手術日を決める際には慎重に行う必要がありました。
幸いにして私が働いていた会社では有給休暇が非常に取得しやすかったので、スムーズに日程を調整することもできました。
手術は痛いと覚悟して臨みましたが、実際にはちゃんと麻酔も使ってくれますし、なるべくリラックスした雰囲気で受けられるよう、音楽を流してくれたりといった配慮もありました。
そして意外と手術は短期間で終わりました、もちろん日帰りです。
手術が終わってしばらくは違和感もありましたが、徐々に気にならなくなってきました。
もちろん油断をすると酷い目にあうかもしれませんので、まずは自分で自分の臭いを確かめて、臭くないと確信できたら、積極的に外の世界に出て行こうと決めたのです。

わきがが原因でいじめに遭いました社会人になって、わきがの手術を決意わきがのコンプレックスを解消し、彼氏とのデートも楽しめてます